「ダイエット」カテゴリーアーカイブ

日常生活を見直してみよう

1日24時間、1番長い時間あなたはどこにいますか?おそらく大半の方が、仕事に費やしている時間が長いので会社やオフィスではないでしょうか?主婦の方も、家事をしている時間が1日の中でも大半を占めていると思います。では、その1番時間を費やしている場面で何か運動行動をしていますか?例えば、よく聞かれるのが「1駅歩く」「会社内はエレベーターを使わず、階段で上り下りする」「車通勤をやめて、自転車通勤する」など。

ウォーキングや有酸素運動を仕事の合間に取りいれるのが簡単だと思ってはいませんか?実際、この合間の運動をあなた取り入れることが出来ますか?

グラマラスタイル

何だかんだで、言うのは簡単ですが、実施することは簡単ではありません。

なので、日常の生活で見つめなおすことは、先ほども記述しましたが、簡単に取り組めることは「食事」です。特に「昼食」は食べた物の内容、バランス、摂取カロリーなど、とにかく気を使ってみましょう。私のおすすめはローソンのブランパンです。このパンは糖質を気にしないで食べても構いません。炭水化物抜きダイエットに近いことが出来ます。糖質の数値が小さく、ブランの成分タンパク質が豊富で、普通のパンを食べるなら、このブランパンをぜひ取り入れて欲しいです。種類も豊富なので、味に飽きることもないですし、結構な頻度で新商品が出ます。昼食はこの流れに持っていくと、減量の効果も高くなります。

スムージーなんかでのダイエット

ダイエットもなんでも素敵なやり方をしたいものです。素敵なやり方とはスタイリッシュでクールで魅力的、魅惑的でおしゃれなやり方です。そんなダイエットとして私が選んだのがスムージーダイエットですね。食事をスムージーに変えるだけなんて楽なものですよね。すべてを変えてしまうというわけではなく、一食だけをスムージーを食生活に取り入れることで満腹感を高めるのです。

http://mumoftheworld.com/

つまりは、間食を減らすというダイエットのやり方といえますね。スムージーはさまざまな食材を使うので、栄養素は十二分に摂取できます。なんなら普段の食事よりもバランスがよさそうです。普段あまり食べない食材を手軽に摂ることなんかもできちゃうので特にビタミン類やたんぱく質などを上手く摂取できています。ダイエットになるというのもそうなのですが不足しがちな栄養素を補いながらやれています。

まさに私がやってみたダイエットの中では最高のものであるとなりました。実際痩せたん?となるでしょうがまぁまぁ痩せましたよ。一食流動食になるみたいなレベルのものですから痩せるのは当たり前っちゃー当たり前なんですけどね。しかし、やはり空腹感だけは苦労しましたね。噛まないので食事が一瞬で終わるのです。

地味だけど必ず結果が出るダイエットの正攻法

毎年いろんなダイエット方法がブームになりますが、
リバウンドなく一番結果を出したのは、地道な食事管理と運動でした。まさにダイエットの正攻法。
まず自分の必要摂取カロリーと基礎代謝カロリーを調べます。

http://www.one2seven.org/

食事の摂取カロリーが基礎代謝カロリーを下回らないように、運動と食事であわせて摂取カロリーから300キロカロリー減を目指します。
私は食事でコンビニのおにぎり一個分くらいの200カロリー減を目指し、運動で100カロリー消費を目標にしました。
ここで問題なのが摂取カロリーの中身。

1日のトータル摂取カロリーの帳尻を合わせたとしても、中身の栄養価が低い食べ物を摂取
しているとダイエットはうまくいきません。
炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素と食物繊維は必ず含まれるようにします。

例えばランチにはおにぎりとお味噌汁、野菜サラダにはタンパク質を含むチーズや卵、ナッツなどをトッピングしたり、豚しゃぶサラダなどバリエーションを広げると飽きないです。
有酸素運動はウォーキング30分から40分します。

ウォーキングの前にダンベル体操などの筋トレをするのが、脂肪燃焼効率が高いのでダイエット効果があってポイントです。
私はこのやり方で、たまにアイスクリームやお菓子を食べたりして、地道にゆるく続けて半年で8 kg 痩せました。

立つだけで楽ちん!簡単ダイエット法

今日も仕事疲れたなぁ、、、でもジムや走りにいく元気ないなぁって思うこと、ありますよね。毎日の仕事で頭脳をぐるぐる回転させて、その上、上司やクライアント先からの仕事の注文に対応したりしているとあっという間に時間が鬼のように過ぎ去っていってしまいます。猛烈に仕事を終わらせたと思って帰宅すると深夜すぎ。明日も朝が早いからシャワーを浴びて寝てしまう。そんな毎日でダイエットなんでできるはず、ありませんよね。

http://www.isfg2019.org/

でも、実は毎日1分だけ行える簡単なダイエット方法があるんです。それは、朝起きてから立つだけというもの。方法は簡単です。まず、両足のかかとを床にぴったりとくっつけます。そして片足のかかとを反対の手で包み、少し温めます。もう片方のかかとも同じように温めます。そして、その熱を感じながら再度床にくっつけます。その足の重みを感じながら、今度は意識を上の方に持っていきます。お尻の穴の周りの筋肉まで到着したら、その筋肉に少し力を入れてみます。

そしたら、そのお尻の穴周辺の筋肉と足裏の接地面がすっとつながっていることをイメージして1分間その状態を保ちます。その間、腕を頭上に持ち上げて、少しぎゅっと上の方に伸ばしてみます。私は、この方法を毎日続けたおかげで、腰回りの肉がすっきりしましたよ。皆さんも試してみてください。

飲み物はダイエットにとって大事

ダイエット中は、ほとんどの方ができるだけ気にしていることとしてあるのも低カロリーのものを選ぶということでしょう。これは間違いないことではあります。やはり運動と食事制限、というのはとてもよいことではありますが、ここで気をつけておきたいのは何といっても飲み物です。

グラマラスパッツを購入

いつもお水とかお茶しか飲まない人であればダイエット中も基本的にもそれを続けるとよいでしょう。清涼飲料水などは一食に匹敵するぐらいのカロリーが入ってしまっていることもあったりするのでやはりきついのは清涼飲料水です。

これは絶対に避けるようにしましょう。水やお茶しか飲まない人は、もう大丈夫です。甘い飲み物飲むというような時には注意するくらいのことを考えておいた方が良いでしょう。

ダイエット茶とかそうしたものもありますから、これはあんまり期待できることではないですが何もしないよりは遥かにマシですしえたにし清涼飲料水などを飲んでしまうということよりはマシなので、ダイエット茶ぐらいは飲んでみるというのも良いでしょう。コストがかかることではありますが、それでも十分にメリットがあることではありますから、積極的にノーカロリーのものは飲むようにしましょう。

運動は15分以上するべし

ダイエットに運動を採り入れている人は多いと思いますが、その場合は15分以上行うべきです。

運動するとブドウ糖が最初に使われ、続いて脂肪酸が燃焼するので15分以上の運動をする必要があるといわれています。

しかし、脂肪酸がエネルギーとして使用されていないわけではありません。http://corkswinecobluffton.com/

ブドウ糖はエネルギーになりやすく、運動するとすぐに燃焼を始めるため、運動直後は使用割合が高くなっています。

ブドウ糖と脂肪酸は通常時から活動するためのエネルギー源として使用されており、一般的には平常時でブドウ糖60%・脂肪酸40%くらいの割合で使用されています(個人差はあります)。

運動を開始した際には、燃焼しやすいブドウ糖が多く使用され、エネルギー配分はブドウ糖80%・脂肪酸20%くらいに変わります。

しかし、ブドウ糖は10~15分程度しか大きなエネルギーにはならないので、それを過ぎると主に使用されるエネルギー源は脂肪酸に切り替わります。

エネルギー配分としては、ブドウ糖35%・脂肪酸65%くらいです。

脂肪細胞内に溜まっていた体脂肪は、運動することで体の働きが活発化し、アドレナリンが出されると、分解が進行して血中に放たれます。

それまでには10~15分程度かかるので、脂肪酸が盛んに燃焼するまでには15分以上かかるとされています。