「育毛」カテゴリーアーカイブ

泣く泣くショートヘアになった経緯

うん十年前の私の髪トラブルについてお話します。高校時代は好んでショートヘアにしていた時もありましたが、その後髪を伸ばし、ハネやクセが気になると、整える程度に切ってもらいながら、ボブ→ミディアム→ロング。ついに憧れのロングヘアになってからは、ヘアオイルやら、ツヤ髪を目指してケアしていました。そんな、ロングヘアが気に入っていた私が泣く泣くショートヘアになったのは、まさに産後…

http://grapefulpalatewines.com/

産後の抜け毛トラブルでした。産後、気付いたら抜け毛が増えていき、シャンプーをすると排水口が気になる… 明るい色のフローリングの至る所に長い髪が数本。出産経験者の先輩ママから聞いていた抜け毛トラブル。他人事のように聞いていましたが、まさか自分がなるとは。こんなに悩まされるとは、思ってもいませんでした。だけど、子育てしながらの髪のケアや、頻繁な家掃除も出来るはずもなく、行きつけの美容室で相談。

一時的なものだから、いつか治るから、、と信じ、気分転換に少し短くしてもらったら、淀んでた気持ちもなんだかスッキリ。そういえば、産後に子どもを預けて息抜きする時間もなかったなぁ、でも今頃泣いてないかな?急いで帰らなきゃ!なんて思いつつ、月に1回、束の間の美容室でリフレッシュをさせてもらっていました。大好きだったロングヘアも、切った時は寂しかったけど、短いと乾かす時間も短縮出来るし、気持ちもサッパリ!!

次からは伸ばしますー!なんて言いながら、結局ショートヘアの楽さにも慣れてしまい、産後からはショートヘアが定着しました。最初は薄毛、抜け毛、このままハゲてきたら?!って言う心配も、今思い出せば笑い話。ロングヘアの頃しか知らない知人に会うと、あれ、髪切ったの?と未だに言われますが、出産を頑張った証として、抜け毛トラブルは1つの思い出になっています。

LED光でAGA(薄毛)治療

薄毛の治療として一般的なのは、内服や外用を使用した治療法です。中には治療をせず、そのままの人もたくさんいるかと思います。http://www.sefmalaga2016.com/

しかし今、AGA治療で話題になっているのが赤色のLEDを頭部に照射するだけというものです。AGA専門のクリニックが増えているのがここ数年見受けられ、街中でときどき看板を見かけますが、そのクリニックでの治療としてもLEDが使用されているようです。

毛には成長期、退行期、休止期とヘアサイクルがありますが、薄毛はストレスやホルモンが影響してそのヘアサイクルが乱れて、成長期が通常より短くなることにより脱毛を繰り返した結果、生えてこなくなる現象です。LEDでの治療は、その’’毛の成長’’の部分に着目しており、毛の細胞の成長因子を増やす働きがあることが分かっています。

1度だけでなく定期的な通院が必要になることがデメリットですが、副作用もほとんどなく、内服や外用と併用することによって、より効果を発揮すると言われているみたいなので、気になる方はぜひ一度カウンセリングに行ってみることをオススメします。

また、クリニックに行くのは抵抗のあるという方は、自宅用のLEDを販売しているメーカーや、キャップ型のLEDなどおもしろい商品もありますのでチェックしてみてください。