サクセスフルエイジングで肌の悩みを個性に

私の肌の悩みは目のクマが取れないことだ。長年の不眠のせいでいつもクマが出来てしまっていて、元気なのに「疲れていますか?」と聞かれてしまう。自分では元気なのに周りから見ると元気がないように見えたり、「疲れてますね」と言われる事で、本当に疲れているように感じてしまう。なのでこのクマには結構迷惑している。そもそもの原因の不眠が解消されれば良いのだが、10年以上続いているのでほとんど諦めている。

ルメントホワイトニングジェルの効果と私の口コミ!販売店での市販状況などもご報告!

つまり不眠と付き合って行くことを決めた以上、クマとも付き合っていかなければいけない。そこでクマを前向きに捉えるために、クマも顔の味と捉えることにしてみた。そうなれるようになったきっかけが『サクセスフルエイジング』だ。元々は欧米で提唱されていた考え方で、年を重ねるごとに美しくなろうとか、加齢と共に生じるシミやシワを美しいと捉えてみよう、というという意味だそうだ。

アンチエイジングとは違って加齢を前向きに捉えるので、欧米らしいとても成熟した考え方だと言える。確かに往年の名女優ジュリエットビノシュなどは、若いころよりも歳を重ねた今の方が美しいと思う。ビノシュのシワでクシャッとした笑顔も顔の味。ならば私のクマも顔の味にはまだ見えてこない…とにかくシワ、シミも顔の味。そう考えて周りの人の顔を見てみると、皆さん実に味のある顔をしている。それを悩みと捉えていてはもったいないのではないか、と思うようになった。

メイクに限った話ではないが、自分から見ると悩みやコンプレックスであることも、人から見ると個性的で魅力に見えると思う。あなたの肌の悩みは、個性になるのではないでしょうか?