海水浴の歴史を見ていくと

海水浴は海に入ることが多いため、それぞれの地域において暑い季節に行われる。日本では夏、海水浴場で公式に遊泳できるようになる日が海開きと呼ばれる。

nicoせっけん

一般的には水着を身につける。一部の国には海浜で全裸になれるヌーディスト・ビーチが存在する。

海水浴をしている時と言うのは、肌の露出も激しいものになってきますし、日焼けもしていくことができるものとなっています。

日焼けをしていくと肌が荒れて嫌っている人もいますが、楽しい一面もあると思います。

「日本の海水浴場の歴史」

1858年、江戸幕府は諸外国と修好通商条約締結した(開国)。この条約の中で外国人の行動範囲を、横浜の場合は六郷川(多摩川下流)以西、開港場から10里以内に制限していた。横浜居留の外国人の行動を制限する外国人居留地が撤廃されるのは、1899年7月17日のことである。江戸時代から観光地だった鎌倉・江の島はこの範囲に含まれていたため、明治維新以来、来遊する外国人も多く見られた。彼らの中には美しい海を見て海水浴を試みる者もあった。

最古の記録は、フランスの法律家ジョルジュ・ブスケの著した『日本見聞記I』である。それによると、1872年8月に「カタシエ(片瀬)で夕食前に海水浴をする。翌日我々は馬に乗って6時に藤沢に着く」とある。