手の皮膚とお顔の皮膚に、老化が目立ってきました

女性はお顔の皮膚は、美しくありたいものです。

FACEEリキッドセラムプラスの効果と私の口コミ!使い方や肌ざわりなど細かくレポート!

手を見れば年齢がわかると言ったりしますから、

お顔だけの皮膚を意識するのではなくて、

手のマッサージも、時間があれば行います。

朝礼が始まる前ですとか、テレビを見ている時などに

よく行う手のマッサージです。

手の関節を押す様にして、皮膚に柔らかみをだすのです。

そして、寝る際にはわたしはワセリンをたっぷりと塗るのです。

年齢のわりには、手にシミをつくってはないので、

それは少しだけ、胸をはって言える事です。

でも、手だけを人に見られたらやはり、60歳代と

見られるのかもしれません。

それがとても、嫌です。

悩む所です。

いくら手にしみをつくっていなくても、

年齢は隠せないことを思うと、テンションが下がります。

お顔のなかでも、特に目立つ個所としては、

額に、よこに波打つ様なしわができたことです。

おばあちゃんの似顔絵を描く時などは、ひたいのしわや、

お口元のしわを付け加えるものです。

鼻の下にもしわをひいたりとします。

まだまだわたしは若いと思っていましたのに、

まさに、しわのあるおばあちゃんのお顔に近づいてきたのです。

少しは若さはありますが、

このしわを深いものにしないために、

普段、日中に時間があるときは口角をあげることをしたり、

また目を見開くようにとするのです。

この場合には、あまり目を開け過ぎたら、余計に額にしわをつくるため、

額にしわをつくらない程度に、目を見開くことが大切です。